PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Jeff Miyahara

昨年夏ごろだったか、夫婦でカラオケに行った時です。
僕はろくに歌えはしないものの、その夏お気に入りの新曲を次々入力していきました。
そして、選曲してタイトルと作者が表示される画面を見て、僕の選ぶ曲みんなおんなじ人が作ってるってことに気づきました。
驚くことにJUJU、西野カナ、Juliet、JUSMIN、ここら辺の着うた系チャートでヒットしてた曲のプロデュースや作曲者が全部同じ人、Jeff Miyaharaという人だったのです。

ということは、その夏僕の頭の中は一見女性ボーカルの皮を被った、実は男のジェフでいっぱいだったわけです。
ジェフに転がされてただけなわけです。
むしろ、もっとジェフが知りたい。
もっとジェフで心ときめかせたい。
もっとジェフ色に染まりたい。
僕の心がよりジェフを求めるようになるまで、時間はかかりませんでした。
その後すぐジェフ曲を調べて、分かる限りコンプ。
ミクシイで業務連絡用のコミュを除いて唯一入ってるのが、ジェフのコミュ。
そのうちコンビニで聴いたことのない新曲がかかっても「あ、ジェフのメロディだ」と独り言をつぶやくまでに。

最近だとみんな大好きグータンヌーボーのエンディング曲ですね。


でも世間はまだ、街のアチコチで流れてる曲の多くがジェフだということを知らずにいます。
こんなにも名曲揃いなのに・・・。
「いっそ一枚のCDにでもして発売してくれ!!」
そんな願いが届いた模様。
Love Beats produced by Jeff Miyahara Vol.1Love Beats produced by Jeff Miyahara Vol.1
(2010/03/24)
オムニバスJuliet

商品詳細を見る

これ知った時本っ当に嬉しくて、しかもVol.1ってことは2も3もあるのかよ!?って大はしゃぎしちゃいました。
でもね。
発売前にほぼコンプしてただけに………ダブりすぎて購買意欲が……。
いや…いや!そんなこと言っちゃダメだ!

| ☆マンガいがいの日記 | 02:19 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://tanabi.blog42.fc2.com/tb.php/181-2d6bb1ca

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。