PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スラムドッグ$ミリオネア


ショービズで紹介されてたのを見て以来、ずーっと待ちわびてました。
本国の公開から半年は経っちゃってるんじゃなかろうか。
おかげで日本ではアカデミー賞総ナメ後の公開なんで、初日のレイトショーは結構な客の数でした。
いや良かったー。
インドの熱気とミリオネアの設定とが、本来であれば安易なご都合展開のラブストーリーを「運命」に仕立て上げています。「だって、運命だもんな」って思っちゃうこの映画のパワーはすごい。これが舞台イギリスの架空クイズ番組だったら成り立たない。その上にダニー・ボイルの映像・音楽センス。そりゃ総ナメするわ。
てゆーか、素敵なラブストーリーに心が潤いました。
観た人みんなが、そう思えるいい映画だと思います。


ダニー・ボイルの過去作は以下のとおり。
* サンシャイン 2057(2007)
* ミリオンズ(2004)
* 28日後…(2002)
* ザ・ビーチ(2000)
* 普通じゃない(1997)
* トレインスポッティング(1996)
* シャロウ・グレイブ(1990)
普通じゃないとサンシャイン2057はまだ観てません。すぐ観る準備に取り掛かります。
でも「トレスポ」の次に「普通じゃない」はないよね。邦題しくじってやいませんか。あとサンシャイン2057はダニー・ボイル押ししてなかったような・・・言ってくれたら観たのに。ともあれ、この傑作を生み出したことで次回作以降はもっと大々的に公開されるだろうから安心。ジェームスボンドの次回作って話もあるようで、ぜひとも観てみたい。

劇中流れるM.I.A. のPAPER PLANES、この映画の為に作ったのかのようなマッチングでした。

| ☆マンガいがいの日記 | 02:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tanabi.blog42.fc2.com/tb.php/31-31e48cf1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT